「コロイドヨード」について

「コロイドヨード」の名称は、世界で初めてヨードを安全に生体内に取り込める内服液、点滴液を開発した弊社が約15年前に初めて使い始めました。

その後弊社「コロイドヨード」は、2016年にスリランカ民主社会共和国アーユルヴェーダ省にてその効果と安全性が確認され医薬品承認されました(日本国内は未承認の為観察研究の領域です)。

昨今「コロイドヨード」やそれに類似した名称のヨード剤を、弊社「コロイドヨード」とあたかも同様の効果がある旨を喧伝し、多くの誤解を招きトラブルが発生するケースが多発していますが、それらは長年の実績がある弊社「コロイドヨード」の中身とは全く異なるものです。弊社「コロイドヨード」は「JCI MN コロイドヨード」「JCI MN COLLOIDAL IODINE」(商標登録済)という名称で国内外に於いて使われています。

 

コロイドヨード製剤【 JCI MN コロイドヨード(C.I.M.N)】

株式会社JCIコロイドヨード研究所は製造と開発会社です。
2019年の日本の死因別の死亡数はがんが37万6392人で、1981年から第1位をがんが占めており、約2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死亡するという現実に直面しています。

次いで心疾患(20万7628人)、老衰(12万1868人)、脳血管疾患(10万6506人)の順となっており、この上位4疾患で全死亡数の約6割を占めています。しかしながら、がんはいまだ画期的な治療法が見つかっておりません。
また、多くの方々が原因不明で治療方法が未確立の難病に苦しんでいます。
コロイドヨード製剤(JCI MNコロイドヨード(C.I.M.N))は、がんや難治性疾患に苦しむ多くの患者さんを救うため開発されました。
弊社の「JCI MN コロイドヨード」®️はスリランカ民主社会主義共和国アーユルヴェーダ省にて世界で唯一承認されているコロイドヨードです。
日本国内では未承認薬ですが、スリランカでは医薬品として認められております。

2016年スリランカ政府アーユルベーダ省にて医薬品承認

アーユルブェーダ:WHO(世界保健機構)が認める5000年の歴史をもつインド・スリランカの伝統医学

ご注意ください!

昨今コロイドヨードのがんに対する効果を語り講演会を開催し、参加者に未公開株式の購入勧誘や、高利回りの資金運用を持ちかける詐欺的な行為をしている団体があります。
株式会社JCIコロイドヨード研究所は、同団体とは一切関係はありません。また同団体が扱うコロイドヨードは株式会社JCIコロイドヨード研究所のコロイドヨードとは全く異なるものです。

コロイドヨード療法は症例も豊富でラインナップも豊富です

コロイドヨードとは

コロイドヨードについての詳細説明は
こちらをご覧ください

医療関係者の皆様へ

コロイドヨードの製品情報

症例

コロイドヨードを使用した患者様への 症例です
What’s

JCIコロイドヨード概略

※コロイド状:分子より大きいが、普通の顕微鏡では見えない状態で直径10-9~10-7m程度の粒子が気体、液体、固体中に分散している状態。
未来へ望みをつなぐ可能性

JCI MN コロイドヨードの優れた点

日本で最も多くの医療機関で採用されているコロイドヨードです。
また、15年以上の臨床実績があり症例が豊富です。
JCI MN コロイドヨードを使用できる医療機関をご紹介いたします